2015/10/03

Cat Story こんな子だったの ?!

先日、キジトラ母さんとちびキジ白ちゃんに起きた「奇跡の輝き」なる
記事を紹介したけれど、

翌日からの展開は想像を絶するものに !

「いじめられていた子猫」 ではなかった !

即座に、改名となったのは言うまでもない。
「腕白坊主」、「やんちゃ坊主」、「頭突き坊主」など。

毎朝夕、静かな食事会が開かれている藤棚の下。
突如、やって来たのは、キジトラ母さんに睨まれて小さくなっていたこの子

変貌だ ! 
レオちゃんにドン !


 レオちゃん 「もう !」


 いっちゃんにドン !


 いっちゃん 「もう !」


 いっちゃん 「どいて !」


 いっちゃん 「あ~あ」


 キジトラ兄ちゃんのご飯もいただき~


 キジトラちゃん 「いいよ、食べな」


 ちび 「いぇ~い ! たくちゃん、食べたぞ~」


 ごちでちた


その後、 二度食いのレオちゃんに頭突き


 うふ~ん、眠いでちゅ…


 かと、思ったら、今度は木のぼりかい

ザザザ~

とまあ、こんな具合で、猫たちの落ち着いた美味しい時間は
たちまち、ちび台風が吹き荒れる場になったの。

こんな子だとは思わなかった ∑(゜∀゜;)
その後もこんな状態が毎日続いている。
何という事だ !
小さいうちにしつけておかないと、と思っているところ。 (`・д´・)ノ 
静かな環境でなければ食べられないいっちゃんだけは藤棚の上に
移動させて、ゆっくり食べさせている。ε-(´。`*)

基本的にここの子たちは性格の良い、良くできた子たちだから、
このちびハリケーンを受け入れて可愛がっているのよ。 (`∀´)b 
時々、レオちゃんからパンチを食らったりして、
少しずつもまれながら成長していくと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿