2015/02/27

外猫さんの春

最近、外猫さんたちに変化が‥
春が来れば変化は当然だけど、
親子猫さん(母と4匹の子供)にこの一年間、
ご飯を届けてきたので、先日に起きたことは、ショックだった。

キジ白母さんと4匹の子供たち

キジ白母さんが度々どこかに出かけるようになり、
しばらくすると、子猫さんたちもいなくなった。

そして、前日、キジ白母さんは餌場から離れた場所まで
お迎えにやって来て、何やらお話をしていた。
「長い間、お世話になりました」とでも言っているのか‥?

せっせと忙しいキジ白母さん

そして、翌日、
前日のご飯はいつも完食なのに、沢山残っていた。

やっぱり、お礼に来たのね。
どこに旅たっていったのかな。

今朝、ふと思ったのは、たまに姿を見せていた
この子達の父親である「ポーズさん」のところに
家族で行ったのではないか‥

きりりとしたお父さん

春なので、次の出産の時期に来ている‥
そういうなら、つじつまが合うね。

翌日、キジ白母さんの育児を手助けしていた白ちゃんが
キジ白家の白黒ちゃんを連れて餌場にやってきた。
白黒ちゃんが「いつものところにご飯食べに行こうょ」と
言ったのかも知れない(^∀^ )

白ちゃんがご飯を準備しているところ来て、何やら
お話をしている。
お世話好きの優しい先住猫白ちゃん

もし、ポーズさんのところにキジ白母さんが行ったのなら、
白ちゃんは付いていけない。
だから、これからも白黒ちゃんと餌場にやって来ると思う(`∀´)b
子供たちは白ちゃんが大好きだったからね。

そして白ちゃんは3兄弟でここにやって来て、
初めて私たちからご飯をもらった先住猫なのだから、
付き合いも3年越し、思い入れも強いのだc(´∀`)ノ

それにしても、
出産後、一般食が食べられるようになった我が子を
初めての餌場に連れてきたキジ白母さんの勇気は大したもの。
毎日子供に安心してご飯を食べさせられることは
余程に嬉しかったのか、お礼に来たのだ。
驚いている。

4 件のコメント:

  1. ひでこ27/2/15

    外ネコちゃんにとって、餌場があるってのは助かりますよね。
    特に冬なんかは、自然界ではエサが少ないだろうから。
    キジ白母さんも、そういうのを分かっていて、お礼に来たのね。
    ネコ社会って、けっこう助け合って生きてるんですね。

    返信削除
  2. ひでこさん
     突然の変化に寂しさと驚きです。
     いつもキジ白母さんと4匹の子猫と白ちゃんが
     大騒ぎしながら、仲良く食べていたので、
     ずっと続く光景だと思っていました。
     思えば、沢山の猫たちがここに来てはどこかに行きました。
     それでいい、と思いつつ、‥ σ(-c_-´。) ウルウル
     今夜の出来事は明日アップしますね。(`∀´)

    返信削除
  3. 韓国では外で繁殖する猫さんを、どの様に面倒見ているのでしょうか?
    日本では「外猫に餌をあげないでください。餌をあげると不幸な猫が増えるばかりです。」と言っていると聞きました。
    アメリカでは猫でも犬でも外をウロツイテいたらすぐに公の場から、お迎えが来ます。
    ロシアは人間が残飯を捨てる自然のゴミタメがあるので、たくさんの外犬も外猫さんたちも食べ物には不自由していないようですし、公の場も彼らの存在を気にもかけていないようですよ。

    返信削除
  4. One Life さん
    韓国では猫に対する地域ケアはあまり見かけません。
    ゆとりのなかった歴史と猫に対するイメージが悪いと言う歴史性が
    ケアの悪さとつながっていると思いますが最近では改善されて
    いるようです。
    「餌をあげると不幸な猫が増える」というのは極端な考えですよね。
    自然の摂理に反する暮らしよりも自然のままに生きていく力が
    動物たちには備わっていますから、少しだけ人の力を
    使ってもらうというのは人間と動物の当然の関わり方だと思います。
    調和して暮らしていければいいですね(^∇^)

    返信削除