2014/12/14

dai の今後は

おはよ、だ~い ( ゚_ゝ゚)
大変だったねぇ
(来週行くけどね…σ)

一晩経った昨日、少しだけど、落ち着きを取り戻したdai が
処方食ドライを、食べ始めたので、ひとまず胸を撫で下ろした。
昨日の夜、今朝と食べる量が増えてきた。

昨日は、崔医師と沢山のメールを交換しながら、
病院では十分理解できなかった点を確認して、
今後のdai のことを考えた一日だった。

崔医師は経験も豊富だけれど、若い医師らしく、習得された知識を、
どんどん提供して下さるのは良いけれど、判断する私としては、
「とにかく、どうしたら一番良いのか」
という点だけを的確に把握したいわけで…
 
いやいや、とっても優しい良い先生だ。
どんな時間でもメールで問い合わせることが出来、返信も来るので、
セカンドオピニオンのことは考えないことにしようと思う。

ただ、ひともわんにゃんも、薬漬けになる現代の医療には大きな疑問がある。
最高の治療とは? 世の中も薬物療法に疑問を唱える人も多い。

出来るだけ家庭で、ゆったりと。自然治癒力や触れ合いの力で
容態を快方に向かわせることも出来るのではないかと…。

ゆっくりと、ゆっくりと。

dai は最近、特に私の行動を目で追うようになった。
そして、目をこらすようにして、じっと私の目を覗き込む。

どこにも行かない?
いつもそばにいるからね (-) 

これからのケアは、
輸液の増量とお水を沢山飲む。これに限られている。
輸液は現在120cc 、今日から135cc に増やしてみることに。
一か所に投与する量は150cc が限度らしい。

そのわけは何?
「150cc 以上投与すると痛がったり、輸液が逆流することがあるから。」
とのこと。へえ…

また緊張感が高まってきた。
150cc を超える場合、5-10cm 程の間隔を空けて投与しなければならないと。

医師から言われた場合、少しばかり減量してかかった方が良い…
のではないかと思うようになった。
民族性の違い? 日本人は念のため、ひとまず…だが、
韓国人は「パリパリ民族(急いで急いで)」だから、何事も性急だ。

話は横道に逸れてしまったが、…

dai はしばらく、私の顔を見ていたが、
眠いんでしょ? ()b

 今は落ち着いたのか、眠ってしまった。

ゆるゆると頑張ろ…ね?

出来るだけ沢山食べよう。
皮下注射とお水と酵素も頑張ろう。
さあ、今日から再出発だ。 p(-)q (=´=)
 心配していただいた皆さん、感謝です。m(_ _)m

7 件のコメント:

  1. 家族と一緒に生きる方に、一票。・゜・(ノД`)・゜・。

    返信削除
  2. ❤ keii さん
     ねぇ?
     あれから色々考えて、検査は受けても良いけど、
     強い薬が悪くないところに及ぼす影響も考えて、
     医師と意見交換してから、週末に連れて行こうと思ったわ。
     

    返信削除
  3. また近々行かないとなの?

    返信削除
  4. ❤ keii さん
     今週の土曜日に来るように言われているわ。
     いったん輸液増量で様子を見たいということは伝えるつもりだけど
     膀胱炎の心配はないし、(おしっこ出ているから)あとはチョビチョビ
     だけと、食べているから。
     検査は参考になるとは思うけど、病院でストレスを受けるから
     考えてしまうよσ

    返信削除
  5. 立て続けは、駄目W(`0`)W

    返信削除
  6. ❤ keii さん
     そうなんだけど、嘔吐が始まったから、
     一応検査をね。
     あとで後悔するのいやだもの。
     医師と相談してみる。
     とにかく猫草をほしがるの。
     毛がたまっているのかも。
     白菜とかさつまいもとか葉物も良いみたい。
     でも、食べるかな…ふふ

    返信削除
  7. 嘔吐の内容物は毛じゃなかったの(u_u)
    怖いわね(・・;)
    大ちゃん頑張れ=(^.^)=

    返信削除