2013/11/22

猫は変化がお好き…?

2DKの狭い寄宿舎なので、あれこれdai用ベッドを置く訳にはいかないのですが、
過去の写真を見てみると、けっこうあちこち「にわかベッド」を設置して過ごしていたのですね。
気まぐれな飼い主らしさが分かるのは、
あれ、こんなベッドもあったっけ、というのもけっこう多いことです。
今欲しいのに、どこに行ったのだ!?
という風に、処分してしまうのも早いのが悪い癖 !! ( ̄∇ ̄;)

フルーツベッド 
まずはですね、韓国に移住して、動物病院で最初に買ったベッドです。
フルーツ柄で男の子のdai には少々可愛過ぎましたけど、全体が柔らかくて、
どこもかもフィットするのでお気に入りでした。(今はもうなし) (´∀`♡);



カントリーベッド
これなど、キャンパス内の文房具屋さんで見つけた組み立て式段ボール。
なかなか温かそうで良かったのに…
何故、お払い箱になったのか不明 (@_@;)     















しましま四角ベッド
このベッドは、実は四角くて可愛い屋根付きでした。
ところが水を飲ませる度に引きずり出すのが困難なほど出入り口が狭かったので、
仕様を変えてしまいました。
その時の「ふに落ちない風」の dai です。(´・ω・`;)              




六角ケージベッド
これは今も健在。
でも、オンドルが入ってからは、床にポトリと落ちて眠っていることが多くて場所とりなので、
仕舞われることが多いですが、今は無理やり□型にコンパクトにして常設中です。(〃´▽`)
   




















ふかふかベッド
このノッポなベッドを設置するために、はめ板を外してしまいました。
dai は一瞬入っただけ。ここで眠っている dai の記憶はあまりありません。
このベッド、いったいどこに行ったのかしら? ∑( ̄Д ̄;)
今使いたいベッドなのに~!!




クッションベッド
これは上記のふわふわベッド中に敷いてあったクッションです。
これも今は姿を消しました。
皆さん、一度愛猫が使うと、押し入れなどに大切に保管されているみたいですけど、
ここは狭いので、飼い主の気まぐれと共にポイされてしまいます。
dai もずり落ちそうでした。(〃´▽`)
     




















鎌倉ベッドこれは前にいた508号室。
この部屋は明かりとりと換気の窓が天井についていたため、
す~す~と微風が入ってきました。
それで、このように鎌倉にして、暮らしてもらいました。ヽ(´∀`。)ノ



ドーナツベッド
で、少し暖かく、天井から風が入って来ない日など毛布をドーナツ巻きにしてあげると、
いそいそやって来て、おもむろに in してくれました。(´∀`人)ナツカシ         


こうして振り返ってみると、まあ何と猫は変化がお好きなんだろうかと思うわけですけど、
結局、何ですか、「これって飼い主が提供した居場所に in してるだけではないの」
っていう突っ込みはなしで、読んでもらえると努力の(何の?) し甲斐があるというもの。(^-^;)b
                  

4 件のコメント:

  1. 大ちゃんへの愛情がベッドの歴史なのかも…(笑)
    新しいものが好きなのは、人間も動物も同じね(^-^)

    返信削除
  2. ❤ keiiさん
     お久しぶり(笑)
     だいへの愛がベッドの歴史…
     なるほど、上手い表現ね。
     言われてみるとそうだと思うわ。
     新しいものがあると全部自分のものだと思うのが可愛いのよね(^∀^)b
     もっともっと長生きできるようにと願っているわ。

    返信削除
  3. どのお家も愛のこもったスィートなお城ですね。
    とても幸せそうなDaiちゃんですこと。

    返信削除
  4. ❤ One lifeさん
     ようこそ。
     どの飼い主も猫ちゃんと暮らすと、それぞれにそのマイペースな暮らし方に
     順応してあれこれ工夫したりしてとりこになるものだと、他のブログさんを訪問して
     よ~く分かります(^-^)♪
     我が家は大学の寄宿舎で狭い事この上なしなのですが、だいが気に入ってくれると
     さっさと人間の必需品を片づけてしまうという有様ですの(笑)
     当のだいは我関せずと新しい居場所でゆったり寛いで「良いみたいニャ」などと言って
     いるように見えるのですもの不思議です。(^∀^)

    返信削除