2012/02/17

寒かったなあ

いつも、一日の大半を このように幸せそうに眠っている dai ちゃん。


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・


青々とした緑の風がさわやかなあの頃




今は外が真っ白です。
それでも一日に何度か窓辺にやって来て


冷たい風を満喫(?)しておりますが、
しばらく寒風にさらされて、
すっかり体が冷たくなると、


と大慌てにオンドルの効いたクロゼットに逃げ込んできます( ̄∇ ̄;)

外猫さんたちは、こんな寒い日も頑張って鍛えられていますよね。
どこか温かい場所を見つけて暮らしているかしら…
外猫さんたちに思いを馳せながら dai を見つめている私。
( この子しか家族にしてあげられないので、daiは(=^・^=)代表なのです )

2 件のコメント:

  1. 寝る子は育つ。ですね。
    暖かいオンドルの部屋で幸せなDAI君。

    野良さんたちは逞しく、生きるすべを知っていることでしょう。
    ロシアの寒さでも、ちゃんと冬を越していましたよ。

    わが家の野良さん達は一匹はお爺さんの書斎、一匹はお爺さんの食卓の上に避難しています。お爺さんて寛大すぎて躾が出来ないのですよ。

    アメリカではアニマルコントローラーがやって来るので、ホームレス猫や犬を見かけることはありません。
    お爺さんの界隈以外は。

    返信削除
  2. ❤ One Lifeさん
     そうですよね。
     逞しく生きているのですよね。
     私が保護したshowちゃんと名付けた猫は、
     病気だったので、責任を持つしかなかったのですが、
     他の野良猫さんたちは生命力に頼って生きてもらうしかないですし、
     そのほうが幸せだと思うようにしています。
     アメリカでは保護された動物の命が守られる率は高いのでしょうか。
     
     お爺さんの家の猫さんたちは悠々としているのですね。
     今から躾けは無理だと思います(笑)

    返信削除