2017/06/05

またまた、発情

避妊手術を受けたにも関わらず、
発情するという話はよく聞きますが、
チャメにも、またまた発情期が訪れました。

しかも、手術前よりも鳴き声が「ぎゃお~、ぎゃお~」とすごいです。
飼い主共々、連日、ストレスに悩まされています(;´・ω・)

一般的にはも発情は2週間置きに繰り返されるのですが、
チャメの場合、数か月間置いてやってきました。

とても不思議です。

相変わらず、椅子を独り占めです(笑)
記事と関係ありません。

ひとつ考えられるのは、卵巣の取り残しがあって、
細胞が成長する期間があるので、
数か月経って発情するという...
しかも、ホルモンの分泌は増量しているので、
すごい叫び声をあげるという始末。
ではないかと思っています。

医師の失敗ということではあっても、今更言っても意味のないことでして。

もし、卵巣の取り残しや副卵巣の存在が、今後の検査で
明確になったとしても、腎臓が一つしかない、或いは、
あっても不完全という問題があれば、
全身麻酔や手術に耐えられる状態を期待できないのではないか
という課題が待ち構えていますよね (-_-;)

溜息が出ます (~_~;)
束の間、ぐっすり
            可哀想なのは猫も人も...です !

運が良くて(?)我が家にやってきたのに、災難が多いですわ。

おまけに、この子の検査に必要なMRIとCT設備の整った病院が圧倒的に
少なくて、これも頭の痛い課題です。
車なしの暮らしなので遠方に出向くのは経費も、
チャメへのストレスも半端じゃなくて、なかなか大変です (´・ω・`)

卵巣の取り残しで心配なのは、将来的に
「子宮蓄膿症」や「子宮がん」の発症なのだそうです。
こうなると、お手上げかも知れないですね。
命に責任を持つというのは簡単ではありません。

4 件のコメント:

  1. ”溜息が出ます (~_~;)”
    本当にね~~
    お互いに、ストレスが何よりも苦しいですね。
    この時が早く過ぎ去って、穏やかな日の訪れを祈るのみです。

    返信削除
  2. One Lifeさん
    はい。
    癒されるために動物を飼うという方たちの多い中で、
    私に於いては、修行にも似た感覚があります(^_^;)
    自然界で生きることが理想であるのに、
    保護してしまったことへの責任みたいなもの....
    たかが猫、されど猫です...アハハ
    私の性分が関わりになったらどうしても責任を持つと
    いう傾向がありますので。
    こんなことを書いている私ですけど、
    何とも愛らしい生き物であることは間違いありません。

    返信削除
  3. ひでこ11/6/17

    よく、お尻というかシッポの付け根の辺りを、ポンポンと軽くたたくと良いと聞きますよ。
    あとは、マッサージなどたくさん撫でてリラックスしてもらうとか。
    卵巣の取り残しの可能性が高そうですね。
    色々と問題がありますね。
    心労、お察しします。

    返信削除
  4. ひでこさん
    卵巣の取り残し...
    やはり、そう思われます?
    術前の発情体験が残っているだけにしてはどうも変だと思うのです。
    今の段階では、これ、という信頼出来る病院も見つかっていないので、
    何とも心配です...
    次の発情までに、何とか対策しないとと考えています。
    アドバイスありがとう!

    返信削除