2015/07/16

一日づつ

だいは4月で15才。
慢性腎不全の猫。
「猫ってこんなに長く生きられるもの ?」
「まだ 15 才じゃないの。」

いつも両方の自問が繰り返される (・c_・; )

まだ 15 才です (`・ェ・´*) 

腎不全で胃酸過多が進んでいるのか、
食べたくても食べられない。
何とか少しでも食べてもらたいので、
一般食だが、病院から Natural Balance の缶詰を買って、
ドライフードミックスにして食べさせてみた。
ほんの少しだけど、食べてくれた ∑(゜∀゜;)

今日まで皮下注射 600 回余り、Azodyl という毒素を排泄するサプリメントと
ハーブエキスから摂った消化酵素と、自主的に飲む水、
これだけが私がだいにしてあげられるケアの全て。

水は自分で飲みます !!

それでも、じょじょに衰えていくだいを見ていて、
自分の体調の悪さに伴ってのことだが、
「責任を持つ」ということ、「無理な延命とは」などと考えていると、
どうにも疲れてきて、昨日はだいの呼びかけにも知らん顔してしまった。

するとますます元気がなくなってしまった!!
ごめんね。
気を取り直して、触れてあげること、声をかけてあげることなど
仕切り直していくことに。
すると、気のせいか、とてもだいの目が生き生きしてきて、
食べなかったご飯も少しづつ食べ始めた。

ケアというのは人も動物も心のケアが大切ね。
ゆったり、のんびり、しっかりケアを続けなくては  (`∀´)b 

ゆったりがいい ♪

2000年の初夏、生後1か月で我が家の子になっただい。
何かの「えにし」、「ゆかり」を感じながらの15年間、
まさか隣国で過すとは思ってもみなかったなあ。
私もだいも今後日本に戻る保証はどこにもないけど、ま、なるようになるわ。

4 件のコメント:

  1. 弓月16/7/15

    お久しぶりです。daiちゃん、15才になったんですね(^-^) 我が家のクルトン(ロングチワワ男の子)は14才半になりました。やはり1日中寝ていることが多く、その眠りも深いものになっています。季節の変わり目は、特に注意をしないと、とたんにグッタリなってしまったりと、私を焦らせてくれています(^o^;) それでも日々沢山大好きだよと囁いて、頭を撫でております。
    なにより、人間もワンコもにゃんこも、それぞれのペースで過ごすのが良いのだと思いますが、私もクルトンに振り回されております(笑) 
    和みさん、無理なさらず、ご自分のペースで。daiちゃんもマイペースに過ごしてくださいね。

    返信削除
  2. 心を尽くし、思いを尽くし、そして ”ゆったり” がいいですね。

    返信削除
  3. 弓月さん
    お久しぶりですね。
    daiとクルトン君はだいたい同じ年なのですね。
    コメントを拝見して何だかほっとしました。
    同じような状況ですから、気持ちが通じているようで…
    撫でるというのは動物にはとても安心出来、嬉しいものなのですね。
    今日は病院から胃酸過多の抑制剤をもらってきましたので、
    効果が出れば食べられるようになると期待しています。
    クルトン君もゆったり過ごしてください。
    つい、深刻になってしまうので、肩の力を抜いて、と言い聞かせています。

    返信削除
  4. One lifeさん
    心を尽くすという特効薬がありましたね(^∀^ )
    何も食べて知れないと溜息ばかりですが、
    無形の栄養素をあげましょう。
    シアトルの猫さんたちは元気ですか。
    自然中でのびのびと暮らせていいですね。

    返信削除